楽なアルバイトをチェックする!その10の条件

更新日:

「アルバイト」は、基本的に生活費や遊興費を捻出するための一時しのぎとしてする場合が多い就労形態です。ですから正規雇用の就職先を選ぶ場合と違い「できるだけ楽」なアルバイトを選ぶ人が多いのではないでしょうか?

しかし、まだ本格的に社会へ出ていない若い人などでは、どんなアルバイトが楽なのか想像もつかない場合が多いようです。

これを知らずにキツいアルバイトを選んでしまうと、学校の勉強がおろそかになったり、すぐに辞めてしまうようなことにもなりかねません。

また、求人誌をなんとなく見ているだけでも、楽なアルバイトを見つけることは難しいのです。

「初心者OK」「単純作業」などといった求人広告の文面では実態を知ることはできません。

ここでは、これからできるだけ楽にアルバイトをして効率よく稼ぎたい人のために、楽なアルバイトの条件を10個解説しています。

単純作業をし続けるアルバイト

働く上でつらくなるのは、「考えることが多い」業務を強いられるケースです。

知恵を絞らなければならないような仕事では、心身ともに疲れてしまいます。

これでは楽なアルバイトだとは言えないのです。

なので、就労時間内に同じことをし続ける「単純作業」は、楽なアルバイトを探す上での基本条件になります。

また単純作業では、少しくらいミスをしても修正しやすく責任問題も発生しないことが多いために、楽なアルバイトとしては最適な条件だと言えるでしょう。

「仕分け」や「梱包・組み立て」「商品管理」などは、同じ作業を繰り返す業務がほとんどなので、慣れてくると考え事をしながらでもできる楽なアルバイトです。

最初だけ覚えてしまえば後ははあまり頭を使わないような単純作業は、経験も問われないのでおすすめです。

体力を消費しないアルバイト

”楽”と言えば、やはり肉体的にキツくない仕事ですね。

重い荷物を持ち上げたり、忙しく動かなくてはならない仕事などは疲れてしまいますので、楽なアルバイトの条件にはなりません。

工場でも楽なアルバイトはたくさんありますが、工場の中には様々な部署があり、それを求人広告だけで見抜くことは難しくなります。

また、工場には様々な部署があるので、入社時には楽な業務であっても、その後に部署転換があってきつい部署に移動されるということもめずらしくありません。

まず間違いなく体力を使わないのは、「接客業」「コールセンター」などの仕事です。

こういった職種では、業務の幅も限られているので、部署転換でキツい業務に替えられるリスクも回避できます。

昔から楽なアルバイトの代表格である「交通量調査」もおすすめです。

交通量調査は座ってカウンターを打ち続けるだけなので、誰にでもできてしかも報酬も高めなので、楽なアルバイトの中でもとくに人気の高いものです。

精神的に楽なアルバイト

最近では、企業の労働環境も昔と違ってきて、アルアルバイトでもかなりハイレベルな業務をするケースが少なくありません。

中には正社員とほとんど同じ実務をこなさなければならないアルバイトもあり、”責任”も付随してきます。

正社員で入社したり、将来の自分の職業につながるような職種ならばそれでもかまいませんが、単に生活費や遊興費を稼ぐだけのアルバイトで精神的なプレッシャーを感じるのは割に合いません。

アルバイトはアルバイトとして「精神的に負担にならない」ということが楽なアルバイトの定義だとも言えます。

精神的に楽なアルバイトには「搬入」「運搬」「食品加工」「清掃」などがあります。

これらの業務ならば、少々失敗をしても取り返しがつきますし、接客業と違って社外の人と顔を合わすことがないので致命的なミスがほとんど起こりません。

精神的に楽なアルバイト選ぶのも、体力と気力を温存するために大切な考えです。

時給が高いアルバイト

同じ業務をこなしていても、それが「時給900円」と「時給1200円」では、精神的な疲れ方が違ってくるものです。

安い時給でこき使われると、それほどハードな業務でなくても、なんだか疲れてしまいますよね?

反対に、少々キツいアルバイトでも、月末にもらう給料が高ければ我慢もできるものです。

また人によっては、必要とされる目標金額が絶対的で、1つのアルバイトで足りなければ、2つ3つと掛け持ちをしなくてはならない場合もあるはずです。

これも1日の労働料や効率から考えると非常にツラい生活になります。

少々しんどい作業であっても、1つのアルバイトで目標金額に到達するならば、掛け持ちをするよりもトータルで考えて楽なアルバイトということになるでしょう。

暇な時間の空くアルバイト

作業がどんなに楽でも、休憩時間が短かったり、延々と作業しなくてはならないアルバイトは「早く終わらないかな・・・」と時計ばかりを見てしまいます。

これも毎日続くとだんだんキツく感じるようになるのです。

就業時間の”体感時間”が短いと、結果的に”楽だった”と感じられることが多いようです。

それには、業務にメリハリがあり「暇な時間が空く」ようなアルバイトを選ぶと良いです。

飲食店やホテル業・販売店などは、お客がペースメーカーになるので、暇な空き時間が自然にできます。

その間も拘束時間ですので、時給は発生するので、実際の業務時間は短く得をした気分にもなれるでしょう。

一時的に忙しくなりますが、それを乗り越えると後は気分的にも”休憩時間”のように感じ、1日が非常に短く感じられ、トータル的に楽だと思えるようになるのです。

シフトの自由が効くアルバイト

アルバイトの業務自体が楽でも、がっちりとシフトが決められて思うように休みが取れなかったり、シフトの日にそれなりの責任を持たなくてはいけない状態も、精神的に負担があります。

とくに大学生などは、アルバイト前日に友人と遊んでいて盛り上がり、徹夜をしたときなどは電話一本で休めるようなアルバイトのほうが気分は楽です。

また、限られた人数できっちりとシフトを組んでいるようなアルバイトでは、他のアルバイトが緊急で休みをとってしまったときなどに、出勤するように言われるようなことも少なくありません。

予定外のシフトを入れられると、通常の勤務よりも精神的に疲れるものです。

さらに慢性的なアルバイト不足になっていれば、自由にシフトを組めなくなり、徐々に疲労は蓄積していくでしょう。

シフトの自由が効くアルバイトは工場系やイベント設営など、多くのアルバイトが勤務しているところです。

大量採用の工場などでは、個人のシフトではありませんし、休みたいときにも融通が効くところが多く、気持ち的にもかなり楽なはずです。

コンビニや飲食系などは少数で回していることが多いので、シフトで振り回されることになるので注意しましょう。

将来につながるアルバイト

アルバイトといえど、自分の将来につながるようなものならば、やる気が出て業務も楽に感じるはずです。

学校の専攻科目にまったく関係のないアルバイトでは、将来につながらないために「したくもない仕事」ということになり疲れも倍増するのです。

経済を専攻しているのであれば販売店舗やネット事業者、IT系を目指すのであれば、WEB制作会社など、将来のスキルに役立てられるアルバイトならば面白く感じ、インターンシップを利用するような感覚で就業することができるでしょう。

場合によっては、学校の勉強では得られないような実践的な知識を習得することもできるはずです。

実は、起業や個人店を開業する人たちの中にもこういった理由で、短期間アルバイトをしてノウハウを学ぼうという人も多くいます。

この感覚でアルバイト探しをし、いい企業に入社することができれば、同級生たちに一歩差をつけることもできるでしょう。

自分の好きなジャンルのアルバイト

前項の「将来につながるアルバイト」ではなくても、自分の趣味に合うようなアルバイトならば、あっという間に時間が過ぎ、アルバイトが楽に感じられるはずです。

その代表が「アパレル店」です。

ファッションを仕事にしたいと思わなくても、興味があれば非常に楽しくアルバイトをすることができます。

車が好きならば、車関係のアルバイトもありますし、カメラや音楽関係など趣味と直結するようなアルバイトは意外に多いものです。

人間関係が楽なアルバイト

アルバイトがつらく感じる原因に「人間関係」があります。

業務そのものは楽であったとしても、そこで働く同僚や先輩・上司などと相性が悪かったり、高圧的な人がいると、その場にいることさえしんどくなるものです。

また、チームで働くようなアルバイトも人間関係で苦労しやすい職種だと言えます。

「派遣アルバイト」や「登録制」アルバイトならば、人間関係も一時的で深く関わることが少ないのでおすすめです。

最近ではコミュニケーション自体が苦手な人も増えているので、人間関係のことも考慮してアルバイト探しをすることが大切です。

スキルが役立てられるアルバイト

現在、なんらかのスキルを持っている人は、それを利用しない手はありません。

社会人になって正社員で入社してからでも同じことですが、スキルはその人の人材としての価値を高めるので、高収入で楽なアルバイトに就きやすいのです。

代表的なものが「家庭教師」「塾講師」などです。

また体育会系の生徒やOBならば、フィットネスや監視員などのアルバイトもすぐに見つかるはずです。

こういったスキルに基づくアルバイトは競争率も低いので、探すのも容易ですし、かなれい優遇されることが期待できるのです。

まとめ

現在学生の人ならば学業優先にしたいでしょうし、掛け持ちアルバイトをする人は体力の消耗を抑えるためにできるだけ楽なアルバイトを選びたいところです。

職種による業務の違いを知っておくと、全力で働きたくないときに役に立ちます。

自分の生活環境に合ったアルバイトをうまく探し出しましょう。

アルバイト求人サイト:おすすめ3選

一昔前は、お店の求人貼り紙を見たりフリーペーパーを使ったりして、アルバイト探しをしている方がほとんどだった。しかし、今ではインターネットのバイト情報サイトや求人サイトを利用する方法が最もポピュラーで、1台のパソコンやスマホがあれば気軽に応募できる。 オレのおすすめアルバイト求人サイトのベスト3がこれだ!

1位:最速で最適なアルバイト探し【ギガバイト】

アルバイト探しで迷っている方には、全国のアルバイト情報が掲載されているギガバイトがおすすめです。

他の求人サイトと比較してみると、ギガバイトはアルバイト先の検索がしやすいと高い評判を獲得している。

職種や給与などの情報に加えて、自分がアルバイト先に求める条件をフリーワードで入力して検索することもできます。自分のライフスタイルに合わせて検索できるため、ギガバイトは非常に使いやすい求人サイトとなっている!

2位:アルバイト求人サイト「マッハバイト」

マッハバイトは、全国で20万件以上ものアルバイトの求人情報を抱えているサイトです。

2017年にジョブセンスからマッハバイトにリニューアルされて、保有している求人数もサイト内の使いやすさもパワーアップしました。

お祝い金制度を採用しているアルバイトの求人サイトは多いのですが、マッハバイトは最短で翌日にお祝い金を受け取ることができますので、申請のし忘れでお祝い金を逃す心配もないですよ。

Copyright© 【楽なバイトまとめ】大学生に人気!楽に稼げるアルバイト比較・求人 , 2018 All Rights Reserved.